【トイプードル】噛みつき・散歩拒否・吠え

【問題行動】噛みつき・散歩拒否・吠え
 
【飼い主様ご感想】

①身体を触るだけで牙をむく

②ブラッシング、抱っこ、散歩の足拭きをするとマジ噛みされる

③散歩で歩かない

④旦那との確執…


ネット、しつけ本、体験談etc…情報が溢れ過ぎてて何が正しいのか分からず、マッシュとの関係も悪くなるばかり。噛みつき犬なので力で抑え込もうとする旦那が叩く、もっと噛む、とにかく悪循環、家族関係も悪くなり、犬の事でケンカが増える。



もうこのままでは一緒に暮らす自信が無くなりそうになる一歩手前で途方にくれていた時に出会った4度目のトリマーさんがDBSを知っていて、相談してみたらとパンフを渡してくれたのが我が家の転機でした。


マッシュはとにかくキャパが狭いビビり男。

正しく導いてくれるリーダーが家に居ないので1人頑張って家を守る様になってしまい、マッシュもどうしたら良いか分からないから困っていて可哀想だったと、

ミヤマさんに【犬】とはどういうものかを正しく教えてもらい、とにかく目から鱗状態。


叱らないとか、嫌なことはさせないとか、意味なく叩くことでは全く伝わらないなど、間違った犬への接し方を正しく導いてくれた。


良いエネルギーに気持ちを変える様に、犬に黒い心理は必要ないということ。


マズルガードなど、知識ない時はとてもネガティブな印象だったが、むしろ噛みつきの子にとっては安心できるものだと理解。

正しいリードの付け方でまずは散歩でキチンと伝える。引っ張っり、散歩拒否などが驚くほどなくなる。


とてもテンションが高い犬種なので、競りが出ないよう興奮を落としてやり、落ち着かせてやる。

常に尻尾が下がった落ち着いた状態など教えてもらう。

マッシュが嫌な事はしない。

家を守らせない、家での吠え、前に向かわせない


きちんとお互いがリスペクトされる様に接することで関係が本当に変わっていった。


グループセッションにも参加できる様になり、ビビりなので他の犬種と交わる事は出来ないが、群れの中で居られる様になっていった。


アジリティ、パックコントロールなど続ける事で、良い自信もついてきたのか、群れの中にいてもリラックスして身体を休ませたりも出来る様になった。


私達家族も、犬、群れの中での犬社会などの正しい話しを体験しながら楽しく教えてもらい、人間の心理で犬を見てはいけない(難しい😅)と今も学ばせてもらっている途中。色々な犬種を多頭飼いしてる方が沢山いてとても興味が湧き、結果大型犬を迎入れる事になる。


遊べなくても、一緒の空間に居られる事が大事だと教えてもらう。ケンカを一度でもさせてしまうとシコリが出来てしまうので、とにかくマッシュがジンジャーを嫌いにならない様に接し方など教えてもらう。


ジンジャーに繋がるセッション



パピー期からセッション受けているので、マッシュの時の様な問題はないが、基本ビビり犬、人見知り犬

ラブラドール=フレンドリーとかイメージなので、散歩で囲まれてパニックになる。


私がきちんとジンジャー、マッシュに、私がいるからと安心、大丈夫だと思われる様に守る事を教えてもらう。


グループセッションで安心な群れの中で遊ばせて経験を増やす、自信がつく事で他の犬と遊べる様になった。


マッシュの噛みつきは治るものではないが以前の様なネガティブな感情はないのでもっと関係を改善していけると思う。


ミヤマさんのおかげで本当に家庭のエネルギーが良くなって、犬との生活が楽しくなりました。感謝しかないです!


我が家の様な同じ悩みを抱えている人は沢山いると思うので、どうかミヤマさんに繋がって欲しい!笑

と切に願います。



【Before]
【After】