【8頭多頭】噛む・吠える・血だらけ・調和

【問題行動】噛む・吠える・血だらけ
 
【飼い主様ご感想】

(チワワ・ホワイトシェパード・ブルマスティフ・フレブル )



20年以上前から憧れていて、飼ってみたかったホワイトシェパード

ようやく機会に恵まれてやってきたリリック(♀)は噛む、吠える、引っ張る。


少し遅れて迎えた同じホワシェパのライム(♀)は毎日のように襲われていつも血だらけ。


先住のチワワーズ(♀×2)も落ち着かなくなり、この状態を改善するにはオスイヌを入れろと相談したブリーダーに言われて迎えたホワシェパのオス、海老蔵はわちゃわちゃな性格で更に家の中は大混乱!


家には誰も呼べないし、常に目が離せないから寝室で寝ることも出来ない。そんな地獄の状態をドキナイに救ってもらったのはかれこれもう5年前。


二度と元の状態に戻るのはごめんだし、もっともっと自分の犬を知りたくて以来ずっとMIYAMAさんのセッションに通い続けてます。


3匹のホワシェパと2匹のチワワはいつの間にか散歩にも獣医さんにも行けるようになり、車に乗せても騒がず、吐かず、下痢も減り、落ち着きを見せた頃、更にブルマスティフのアポロ(♂)、フレンチブルドッグのブッカ(♀)、チワワの亀三郎(♂)が仲間入り。犬8匹の大所帯になりました。


毎月、交代で8匹の犬達をセッションに連れて行き、MIYAMAさんと顔を会わさない時もLINEや電話で何か起こる都度相談し、指導を受け、時には叱咤激励され、いつの間にか犬8匹、猫8匹が同じ部屋の中で1つのパックとして過ごすことができるように。


ホワシェパのリリック、ライム、海老蔵は繊細だからこそどう向き合うか、


チワワのニコ、ぼたん、亀三郎は小さくて可愛いくても犬であることに代わりはないこと、


時にはブルマスティフのアポロのマスティフゆえの怖さや、


フレブルのブッカの他の犬とは違うテンションの高さに驚くこともあったけど、ただコワイ、ヤバいだけでなく、そういう性質を持ち合わせた犬ということを理解した上でどう付き合うか、


MIYAMAパックの中で育てながら、教えてもらい学ばせてもらいました。


セッションを継続して受けることで、

人も犬もキャパが広がり、他のメンバーや他の犬と触れ合いは勉強になることも多く、刺激もあり、特に自信となったのは人がコントロールするから安心していいんだと犬に理解させる大切さを学んだこと。


私もお母さんがいるからお前達は頑張らなくていいと言えるようになり、散歩すらまともに行けなかったのが今では犬連れで遊びに行ったり、旅行は当たり前。


噛みつき犬だったリリックも楽しんで他人との触れ合える機会も増えました。


MIYAMAさんのおかげで犬を人目線のフィルターを通さずに見ることが少しずつできてきて、本当の犬の姿、だからそういう行動をするのか!というのがわかることが増え(まだまだ解説が必要だけど…)ますます犬が可愛く、犬のいる生活が楽しく、前よりもっと好きになりました。


一緒にセッションに参加している娘が刺激を受け、動物に関係する仕事に就きたいと勉強しているのも犬が原因の家庭崩壊からここまできたのを経験したからに他なりません。


元気でいられる限り犬といたいので、これからも母娘ともどもよろしくご指導お願いします。