【保護犬ラブMIX】散歩未経験・社会化不足・強い引っ張り・パニック

【問題行動】散歩未経験・社会化不足足・強い引っ張り・パニック
 
【飼い主様ご感想】

ラブラドール・ゴールデンMIX



ブリーダー崩壊で保護された松五郎、室内経験なし・散歩経験なしで我が家の子に。


室内のトイレトレーニングや過ごし方などは教えられたのですが、とにかく散歩での引っ張り・突進の力が強く、主人でさえ体を持っていかれる程でした。

本来なら一頭ずつ散歩ができればいいのですが4歳児の息子と先住犬を連れてでしか散歩ができないワンオペの我が家。

松五郎に引っ張られて歩道からはみ出てしまったり、松五郎に気を取られて4歳児に目が行き届かなかったりと命の危険を感じました。


実は我が家、ミヤマさんには2頭見て頂いており、今までの経験からそれなりに犬を読めるとおもっていたのですが…甘かった。


松五郎が何故引っ張るのか、何故コレクションが伝わらないのか、突進や歩いている途中でクルクル無駄に回転する意味が全然わからない。

「怖がっているんだ」と同調だけして松五郎の心理が全然読めない。


無駄に遠回りをするのはやめよう!犬を読めるプロにさっさと見てもらおう!

…という訳で譲渡してすぐにセッション申し込み。


セッション当日、やはり視点が違う。

松五郎の行動と犬としての心理、どのタイミングでどんなコレクションなら伝わるのか。


…アフター動画はセッション翌日の散歩。

あっぱれな程解決です。

鼻歌を歌い寄り道をし「やっぱり犬と歩くのは楽しい!」と思える時間に様変わり。


時間をかけて飼い主が犬を理解し解決するという考え方もあるかもしれませんが、

「餅は餅屋」「犬は犬のプロ」に見てもらい犬語をまず翻訳してもらう。

的確な翻訳がベースとなる事で、私達飼い主が無駄に迷わず不安がらず着実に大切な犬との信頼関係を積み重ねてゆく方が犬にとっても飼い主にとっても幸せだなと改めて思いました。


この1回のみのセッションから1年経ち、松五郎は後退する事なく社会経験を積み、今では尻尾フリフリで楽しそうに散歩をしています。 時には5歳児の息子がリードを持つ事も出来るようになっています(状況判断しています)


命の危険を感じた32k大型犬の引っ張り散歩から

今では信頼し信頼される心地の良い散歩に。



「全然わからない!全然できない!」と言っても毎回ガハハと笑ってくれるミヤマさん。


我が家の犬達が平和に穏やかに過ごせているのはミヤマさんの的確な翻訳あってこそです。

毎回ありがとうございます。